留袖について解説していきます

はんなり着物

京都で着物・留袖をレンタルする

日本が誇る古都、京都。
この街を、着物をきて歩きたい!という夢がある女性は多いと思います。
けれど、着付けをするのは大変だし、何より重たい和服をわざわざ自宅から持ってくるのは、正直面倒…。
そんなかたにおすすめしたいのが、京都で借りられる『着物のレンタル』です。
現地で借りて現地で返すので、余分な荷物は一切要りません。
また、クリーニングなどの手間もかからず、オプションで着付けをしてくれるお店もあるので心強いですね。
美しい和服姿で京都を散策すれば、注目の的になること間違いなし。
素敵な気分で京都を満喫出来ることでしょう。
また、こういったレンタル店では、普段着の小紋などに加え、晴れの日用の訪問着や留袖なども貸してくれる点にご注目。
黒留袖などは着る機会が限られているので、着たいけれども買いたくはないな…という方は、こういうお店で借りてしまうのが一番手軽で良いでしょう。
イベントごとに違う和服を借りることが出来るので、気軽に和装を楽しめそうですね。

留袖を着用する時の注意点

江戸時代から続く風習の一つで、未婚の女性が着る振袖を結婚した時に袖を留めて短くした着物を留袖と呼びます。現在では少々変化が見られ、着物の下部分に模様が入った着物を呼ぶこともあります。明治時代に確立した正装の形であり、既婚女性は正装として使用してきました。これが西洋の場合は、第一正装がイブニングドレスになり、一着あれば色々と合わせることができますので重宝するものですが、日本の色留袖の場合は、どのようなドレスコードでも対応できるというメリットがあることから、近年では未婚の女性が着用するケースも見られます。また、近年では晩婚化が進んでいることから、独身女性が増加傾向にあり、和装が注目を集めているようです。そのような方に好まれるのが着付け教室などで、着付けを学ぶ方が増えているようです。着物をたたむ際は、広げた時の折り目が目印となるものであり、折り目に逆らわないように順番にたたむのが基本です。近年では中古品の着物が人気であり、訪問着だけでなく、普段着としても利用する方も多くなっているようです。留め袖と訪問着などの違いは、訪問着の場合は未婚既婚問わずに帯の上下に模様が入るもので、あまり場所を選ばずに着用できるのがメリットです。また、付け下げの場合は訪問着を簡略した着物ですから、あまりかしこまった形ではなく、趣味の席などの場面で着られるケースが多いでしょう。これに対し、留袖はどのような席にも対応できるすぐれものです。但し、あまりにも簡略化されている場面で着用すると周囲とのバランスが取れないこともありますので注意しましょう。

注目サイト

卸専門の豊富なパワーストーンビーズの取り扱いサイトです。

パワーストーン ビーズ

最寄り駅からすぐの金券・チケットショップです。

大阪でカード現金化するなら

業界最高クラスの高価買取のお店です。

スマホ買取 三宮

2017/12/14 更新

Copy Right (C) はんなり着物 All Right Reserved